自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

兄弟姉妹による心のブレーキ

兄弟姉妹による心のブレーキ

こんにちは、ブレーキ解除セラピストの中村です。

家族と言う存在は、良くも悪くも私たちの人間性に
大きな影響を与えます。

子どもに一番大きな影響を与えるのが
やはり親の存在ですが、

兄弟や姉妹の存在も大きいのです。

兄弟姉妹


例えば、

・一人っ子から急に妹や弟が出来てしまう
・兄弟姉妹が何かに優れている
・兄弟姉妹が何かの問題を抱えている

と言ったことから、兄弟や姉妹に対して
劣等感や疎外感、嫉妬、軽蔑などの感情が芽生えて

それが意識下で影響を及ぼすこともあります。



例えば、ある男性の体験談です。

この男性は年下の男性に対して
なぜだか強い憎悪感を感じてしまいます。

本人もなぜだか分からないのに、年下の男性を
目の前にすると、辛く当たってしまうのです。



そしてあるセラピーで彼の過去をたどってみると、
ある事実が明らかになります。

彼が5歳の頃、弟が生まれました。

それまで母親を自分ひとりで独占してきたのが、
弟が生まれた途端に状況が変わりました。

赤ん坊の世話に追われて何かと自分をかまってもらえなくなり、

それが彼にはたまらなかったのです。

彼の中では、

「弟に母親を取られた!」

と言う思いが強くなっていったのです。

そしてそれが、弟への敵対心となり、
さらに、年下の男の子に対する敵対心にも
つながったようなのです。



このように、兄弟姉妹との関係が大人になっても
人間関係に影響を与えることもあるのです。

また、この場合も兄弟姉妹との関係に
親との関係性も絡み合っているのです。



今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


自分らしさ ブログランキングへ






心のブレーキの外し方 ブレーキ解除セラピー

コメント


認証コード9172

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional