自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

スランプを乗り越える方法~達人のサイエンス

スランプを乗り越える方法~達人のサイエンス

こんにちは、ブレーキ解除セラピストの中村です。

スポーツでも技術でも、何かを本気で習得しようとしたときに

大きな壁を感じたり、まったく進歩していない
ように感じることがあります。

私たちがいわゆる「スランプ」と呼んでいる時期も
これに当たります。



実はこのような状態をプラトーと呼びます。


  • プラトーとは?
    • 学習高原。学習が伸び悩んでいる時期で、
      学習曲線が水平になっている状態。


何かを本気で習得しようとしたときには
実はそのほとんどの期間はプラトーと
呼ばれる停滞期間なのです。


費やした時間や労力と熟練度や成長スピードは
決して一致しません。

しかし、あるタイミングが来るとスパートと
呼ばれる短期間の上達タイミングを迎えます。


そして、その直後は直前のプラトーより少し高めの
プラトーに向かってゆっくりと下降して落ち着きます。



図で示すとこんな感じです↓

マスタリーの学習曲線


ですから、たとえ先が見えなくて
やめたくなっても、
練習を続けなければいけないのです。

「なんだまたプラトーか。
よし、こうなったらプラトーにじっくりと
とどまって稽古を続けて行くさ。
そのうち、次のスパートが始まるだろう。」

という姿勢が大切です。



やはり、

目の前のことを着実にこなして行くことが
一見遠回りでも唯一の方法なのです。



このプラトーの理論を頭の片隅に入れておくと、

仕事や趣味、人生においても
前向きに進められるかもしれません。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの本がお勧めです。






心のブレーキの外し方 ブレーキ解除セラピー

コメント


認証コード0294

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional