自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

自分のブレーキ

自分のブレーキ

こんにちは、ブレーキ解除セラピストの中村です。

自分のブレーキ

とは何でしょうか?



心のブレーキとは、すべて自分の中にあるものです。

ですからすべてのブレーキは

自分のブレーキ」とも言えます。


そこで、ここで言う「自分のブレーキ」とは

自分に対するブレーキ

と言い換えた方がいいかもしれません。



では自分に対するブレーキとは何でしょうか?

それは日常生活のさまざまな瞬間で感じる

苦手意識やコンプレックス、抵抗感、恐怖や不安などです。

その代表的な例をいくつかご紹介します。

まずは自分の行動を抑制してしまうようなブレーキです。



その代表例が恐怖症ですね。

・高所恐怖症
・閉所恐怖症
・犬恐怖症
・男性、女性恐怖症


などの恐怖症を持っていると

本来とるべき行動が取れなかったり、
とりたくない行動をとらなくては行けない場合もあります。



例えば高所恐怖症の人。

本当は東京スカイツリーやエッフェル塔などにも上ってみたい!

という願望はあるのですが、それができません。



また極度の高所恐怖症の人の中には、

歩道橋が渡れないと言う人もいます。

そんな人は目の前に歩道橋があってもそれを渡らずに、

少し離れた横断歩道までわざわざ遠回りしなければいけない。

という行動を取らざるを得ないのです。

自分のブレーキには他にも、

「コンプレックス」があります。


・父親、母親、兄弟に対してのコンプレックス

・学歴コンプレックス

・自分の体型や容姿に関してのコンプレックス

・自分の能力に対してのコンプレックス

これらも心のブレーキと言えます。


「プレッシャーに弱い」

と言うブレーキを持っている人もいるかもしれません。

大事な場面になると、ミスをしてしまったり、体調を崩してしまう。

と言う人もいるのではないでしょうか。



他には、

・心から楽しめない

・自分が嫌い

・あらゆることに自信がない

・すぐにキレてしまう

・他人を妬ましく感じる

・周りと自分をすぐに比較してしまう

・異常なほどの負けず嫌い

・完璧を目指していつも現状に満足できない

・周りが悪くて自分は被害者だとおもっている



など、あげればきりがありません。

では自分の中に潜むブレーキの存在に気づくには

どうすればよいのでしょうか?

それには「あること」に注目すれば良いのです。

>>自分のブレーキを見つけ出すあることとは?




今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


自分らしさ ブログランキングへ






心のブレーキの外し方 ブレーキ解除セラピー

コメント


認証コード1595

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional