自分にOKを出し、自信を持つ「ココロの講座」 恐怖症、トラウマを解消させる心理カウンセリング

欠点は事実ではなく性質。

欠点は事実ではなく性質。

こんにちは、ブレーキ解除セラピストの中村です。



あなたは自分の中に気に入らない点はありますか?

おそらく、気に入らない点がまったくない、

と言う人の方が珍しいのではないでしょうか。


ほとんどの人が、自分の中に気に入らない点を持っています。

それは外見であったり、性格であったり、体質であったりさまざまです。



そして、

自分の気に入らない部分=自分の欠点

だと思っています。

以前の私も

「自分は欠点だらけの人間だ…」

と思っていました。


でも実は、

欠点と言うのは事実ではありません。


事実ではないと言うのはどういうことでしょか?

例えば、日本では一般的に太っている女性より

スリムな女性が魅力的だと思われていますよね。

まあこれは個人的趣味にもよりますが(笑)、

「スリムビューティー」という言葉があるように

世間一般的には、痩せているほうがきれいで

モテると認識されています。


でも場所が変わればどうでしょうか?

例えばアフリカのニジェールやギニアでは

太っている女性の方が魅力的

だと思われています。

そして実際に太った女性の方がモテるのです。

ですから、

太っている=魅力がない

と言うのは絶対的な“事実”ではありません。

単なる特性や性質 

の一つです。


本来はその性質にプラスもマイナスもないのです。

ただそうであるだけ

なのです。

性格でも同じです。

例えば、自分の欠点は

「人見知りな性格」だ。

と思っている人がいるとします。

これは本当に欠点なのでしょうか?



確かに

「もっとすぐに色々な人と仲良くなりたい!」

「友達をたくさん作りたい!」

と感じているのであれば、

そう言った側面から見ると、欠点に感じられるかもしれません。

でも「人見知り」という性質にも役割があるのです。

例えば、

人見知りだからこそ、

・しっかりと相手の内面を見つめることができる

・簡単に人にだまされない

・同じ境遇の人の気持ちがわかる

・一旦心を許した相手とは長く付き合える

・自己主張よりも相手を尊重できる

など、あなたの中や、仲間の中でも

あなた独自の役割が果たせるのです。


私は以前、赤面恐怖症でした。

当時はそれがイヤでイヤで仕方ありませんでした。

赤面症は自分の欠点以外の何者でもないと思っていました。



でもそんな性質があったからこそ、

赤面症という自分と同じ悩みを持つ人の気持ちが

痛いほど良くわかります。

赤面症の人から共感されます。


そして日本で唯一の赤面症専門カウンセラーとしての実績を
積むことができたのです。


このように、今の時点では自分の欠点だと思っていることでも

必ずプラスの側面があるのです。



ですから結局は

フラットなのです。



どんな性質にもプラスの要素、マイナスの要素の両方があるのです。

その性質自体はプラスマイナスゼロなのです。

ただそうであるだけなのです。


もし今の自分に

・気に入らない点

・嫌いな点

・人に言えない点

などがあるなら、自分にこう断言しましょう。


「自分のこの性質には役割がある!」

「なぜなら、この性質だからこそ、○○でいられるから!」

「この性質だからこそ、○○が得られるから!」

「この性質だからこそ、○○になれるから!」


と自分なりに○○を埋めてください。

そしてプラスの定義をしてみてください。

思いつくまま、思いつくだけ

ノートに書き出してみて下さい。

そうすると

欠点が欠点ではなくなります。



逆に今まで自分の欠点だと思っていことが

これまでの自分を支え続け、

自分を自分らしくさせてくれ、

自分に力を与えていてくれたんだ

と、感謝すべきものに変わって行くのです。


あなたの欠点は欠点ではありません。

ただの性質です。

そこにはあなたらしい役割があるのです!




今回の記事は参考になりましたか?
もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


自分らしさ ブログランキングへ






心のブレーキの外し方 ブレーキ解除セラピー

コメント


認証コード8968

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional